烈火の炎スロット 打ち方解説!!ボーナス中とRT中の打ち方は絶対に覚えておくように!! « 楽スロ

烈火の炎スロット 設定差 判別推測要素 打ち方 
(C)ニューギン 2018/1/22導入日

スロット「烈火の炎」の打ち方の解説です。

この台のボーナス中の打ち方には技術介入要素があります。
知らずに打つとかなり損をしてしまいますので必ず確認してから打つようにしましょう!!

またRT中・ART中もちょっとした注意点があるので合わせて覚えておきましょう。

設定 BIG REG 合算 ART 機械割
1 1/500 1/809 1/249 1/6526 97.7%
2 1/465 1/728 1/244 100.0%
5 1/434 1/601 1/210 103.3%
6 1/402 1/493 1/200 106.3%

※設定は1・2・5・6の4段階

スポンサードリンク

烈火の炎 打ち方リール配列 配当表


■通常時(挟み打ち推奨)
・左リールBARを上段付近に狙う。
→チェリー出現時は残りフリー
→スイカ出現時は右フリー、中にスイカ狙い。
※右リールでスイカを取りこぼさないのでハサミ打ちがお勧め


■小役停止目
烈火の炎スロット 小役停止目 斜めスイカ チャンス目 強ベル斜め
画像引用:スロマガ攻略!


■ボーナス中
烈火の炎 ボーナス中の打ち方
※クリックで拡大可能

●赤7or白7の場合
①右リール下段にBARをビタ押し
②中リール中段にBAR狙い
③左リール上段にBAR狙い
④1度成功すれば残り順押し適当消化

●青7の場合
毎ゲーム左リール中下段に赤白7をビタ押し
※225枚を超える払い出しorSIN成立で終了

●REG中
・順押し適当打ちでOK


■RT突入リプレイ・転落リプレイ
烈火の炎スロット RT突入リプレイ 転落リプレイ


■RT中・ART中
・ナビに従い消化。
液晶に警告マーク発生時は左リールBAR狙いでSIN(ブランク・赤7・ブランク)を回避する。
・演出発生時は小役フォロー。
・それ以外は適当。

烈火の炎 勝てる立ち回りまとめ記事抜粋

通常時の打ち方は、挟み打つをすることでスイカを取りこぼしにくくする以外は特に意識するところはないです。

ただし、ボーナス中の打ち方は注意が必要です。

赤7・白7揃い時1度だけ上記の手順で10枚役を獲得する必要があります。
ビタ押しが必要ですが、そこまで難易度は高くないので必ず実行しましょう。

青7揃い時毎ゲーム中下段に2連7をビタ押ししないといけない為、かなりの難易度となります。
なのでわりと上級者向けの台です^^;

RT中・ART中警告マークが出現時SINを外す必要があります。
普通に小役狙い(左にBAR)をしていれば問題ないです。

その他詳しくはこちらのまとめ記事をご覧ください↓

烈火の炎
勝てる立ち回りまとめ

設定判別要素や基本情報が載っています。

↓応援お願いします^^
応援バナー

タグ:

コメントをどうぞ


◇ブログのアクセスアップにお悩みの方必見!! ブログのアクセスアップ方法◇