実際に働いていたパチ屋の(新入)社員が辞めた理由はこんな感じでした!! « 楽スロ

パチ屋 辞める理由

どうもこんにちはきらっきーです。

今日は、『パチ屋の社員が辞めた理由』を紹介しようかなと思います。

4月から新入社員になられた方は、そろそろ1ヶ月が過ぎ、仕事に慣れてきたと感じる方やもう辞めたいって感じてる方もいるころですね。

実際に自分が働いていた社員の辞めた理由はこんな感じです。

スポンサードリンク

最速でやめた人は1か月。

自分の同期は約15人ほどで最速でやめた人の理由は、『 腰をいわしたから』。

今だとパーソナルのお店が多いかと思いますが、当時はパチンコの玉は店員が運んでいました。
1箱約10キロで後ろにMAX9箱積むので、交換する時は、3箱(30キロ)×3回で運ぶことが多いです。

なので入社して間もないころは運ぶコツや筋力がないのですぐに腰をいわします。

この人は働いて1~2週間で動けなくなりそのまま休職。

一応治るまで半分程度の給料はもらえますが、1ヶ月後にはやめちゃいましたね。

因みに自分は1日目で腰をいわしましたが、気合で乗り越え次の日も出勤しました。あの時はほんとに辛かったけど、ばれるとダサいと思って必死に隠してました。(うまいこと言ってスロットの担当になりましたw)

上司の圧力に耐えれずやめた社員

こちらは、自分が配属された店舗で、4月から白服に昇格した先輩社員。

先輩ですけど、二十歳の社員さん。
新入社員ではなく、バイト→社員→白服の流れで昇格していった一般社員の方。

白服になったはいいけど、使えないという理由で副主任から強い当たりを受ける。

二十歳という若さもあり、ある日突然、『 今日は行きません・・・』とだけ言い残しそのまま来なくなりました。

結構好きな人だったのですが、1ヶ月くらいの付き合いでした。

遅刻2連発でやめた社員さん

この方は一般社員の先輩。

真面目で仕事が出来て易しいので色々教わることが多く好きな先輩でした。

・・・がある日突然遅刻。

初めて遅刻したみたいでやっちまったーって感じで出勤。

・・・がその次の日も遅刻。

家に電話すると『 辞めます』とだけ。

その日で退職しました。

どうやら麻雀にハマリ遅刻したみたいです。
遅刻は、社会人として一番やっちゃいけないことで、それを2連発やってしまったショックで辞めちゃいました。
遅刻に関しては厳しかったのもありますが、真面目な人だっただけに自分で責任を取った形で退職。

遅刻で辞めた白服

こちらも遅刻が理由で辞めた先輩。
しかし、こちらは白服。
しかも結構重要なポジション。

この人も麻雀にハマリ遅刻をするようになり、
ある日来ない。
家に電話すると『 辞めます

正直、なんだこの会社の社員は?
当日辞めますって普通なのって強烈な違和感を感じた瞬間でしたね(笑)

でも一番多いのはこの会社に未来はない

やっぱり一番多い理由は、『 この会社に未来はない』これでした。

自分もこれですし。

働いて数か月したころにみんな昇格して、上で働く人の姿を見ることになるのですが、そこの人たちに目標となる人がいない(笑)

店長クラスの人を見ても、ちょっと成績が悪いと減給・降格・左遷。
本社(社長)からの風当たりは強く思うように設定や釘を調整させてもらえないのに文句だけ言われる。

店長になってもガンガン辞めていく世界。
40~50歳くらいの人なんてほとんどいないですからね~。

自分が年齢を重ねた時の姿がそこにないのは恐怖です^^;

以上が社員の退職した理由です。

こういう言い方をするのはあれですけど、優秀な人や有名な大学出身の人から順番に辞めていき、要領が悪かったり使えない人ほど残る傾向があるようです。

この他にも店員時代の裏話は過去に記事にしたので興味がある方はご覧ください。↓
・元店員のこぼれ話
応援バナー

コメントをどうぞ


◇ブログのアクセスアップにお悩みの方必見!! ブログのアクセスアップ方法◇