【ブラックラグーン3朝一挙動】有利区間は残るのか?設定変更判別はコイン投入で出来る? « 楽スロ

ブラックラグーン3 天井 設定差 打ち方 設定推測判別要素 解析
(C)七匠 2017/12/4導入日

スロット「ブラクラ3」の朝一設定変更後の挙動の紹介です。

有利区間による設定変更判別下パネルによるリセット頻度などが分かる台なので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

●朝一設定変更後の挙動

設定変更・電源OFF→ON
項目 設定変更後 電源OFF→ON
有利区間 通常 引き継ぐ
RT状態 RT0 引き継ぐ
下パネル 再抽選 再抽選

※RT0はボーナス終了後と同じ状態

●有利区間による設定変更判別

有利区間は設定据え置きなら残り、1G回すと復帰となりドット(★)などで判別可能です。

下記の星が点灯したら有利区間で据え置きが確定となります。
ブラックラグーン3 有利区間 ドット告知場所

高設定を打った時なんかは有利区間中にやめて翌日1G回して据え置き判別というの立ち回りが有効となります
高設定不発台などを据え置く可能性があるお店で試すとかなり美味しいと思います。
1G回さなければいけないことを忘れずに!

●下パネルによるリセット頻度判別

朝イチの下パネル振り分け
状況 レヴィ
ブラックラグーン3 下パネル レヴィ 基本パターン
ラグーン商会
ブラックラグーン3 下パネル ラグーン商会 基本パターン
据え置き 68.8% 31.3%
設定変更 50.0% 50.0%

朝一の下パネルはコイン投入で上記の振り分けで切り替わります。

取りあえず全台コイン投入を毎日行うとそのお店のリセット頻度が把握できることになりますね。
ラグーン商会の方が設定変更の可能性は高くなるので、全台チェックして半分がラグーン商会なら全リセ店の可能性が高いことになります。

レヴィが常に多い状況なら据え置きメインのお店となります。
信頼度は低いですが設定狙い時のリセット判別にも使えるので覚えておきましょう。

まとめ記事はこちらです↓

ブラックラグーン3
勝てる立ち回りまとめ

こちらは常に最新の情報に更新しています。
必ずご覧ください^^

↓応援お願いします^^
応援バナー

タグ:

コメントをどうぞ


◇ブログのアクセスアップにお悩みの方必見!! ブログのアクセスアップ方法◇