有利区間判別方法(見分け方)と移行率(5.9号機)【戦国コレクション3】 « 楽スロ

戦国コレクション3 天井期待値 ゾーン実践値 ヤメ時 設定差
(C)KPE 2017/11/20導入日

戦国コレクション3の「有利区間」についての解説です。

この台が5.9号機のスロット第1弾となります。

5.9号機になって3000枚規制など色々変わった部分はありますが、この「有利区間」も大きく変わった部分の1つです。

有利区間とは何かと言うと、これまでで言う「高確」にあたる部分でCZやART抽選が優遇されるゾーンの事です。

また、この有利区間移行抽選は設定差を設けてはいけないという特徴もあります。

さらにこの有利区間移行時は完全報知しなければならないというルールもあります。

ART当選に関わる重要な部分なのでこの告知方法は覚えておきましょう。

スポンサードリンク

●有利区間判別方法

有利区間の判別方法は非常に簡単で、筐体右上に搭載されているコレ丸UFOが点灯することによって100%判別できます。
(5.9号機は有利区間を完全告知する義務があるため)

さらに、この時は払い出しランプ(PAUOUT)のセグ右下のドットも同時に点灯します。

つまりこの2つを見ていれば100%判別できるということです。
基本は2つとも点灯するのですが、片方だけと矛盾すると何かが確定となります。

戦国コレクション3 コレ丸UFO 有利区間とは
戦国コレクション3 セグ判別 ドット 有利区間 確定演出

ランプの法則崩れによる確定パターンは、

コレ丸UFO点灯+ドット非点灯→ボーナス確定
コレ丸UFO非点灯+ドット点灯→CZ確定

また、UFOランプの点灯パターンでART当選時のシナリオテーブルの示唆も行われています。

レア役を引いた後のBET時は見るようにしましょう。

UFO点灯パターンによるシナリオ示唆
ランプ シナリオ
点灯回数以上のシナリオ確定
シナリオ5or8
シナリオ7or10

因みにこの台のステージチェンジはこれまでのシリーズ同様、春→夏→秋→冬と移行しますが、示唆しているのは低確高確や天国などのモード示唆ではなく、規定ゲーム数矛盾での設定示唆です。

詳しくはこちらで解説しています

●有利区間移行率

●小役による有利区間当選率(ギフト非同時当選時)

小役による有利区間当選率(ギフト非同時当選時)
レア役 当選率
弱チェリー 41.8%
強チェリー 100%
スイカ 33.6%
弱チャンス役 50.0%
強チャンス役 100%

●ギフト(ボーナス)同時当選時

ギフト(ボーナス)同時当選時
ギフト 当選率
ギフト1 100%
ギフト2 100%
リプレイ+ギフト3 33.9%
レア役+ギフト3 100%

※ギフトとはボーナスの事でギフト1は赤7同色、ギフト2は青7同色、ギフト3は異色ボーナス(青青赤)のことです。

その他詳しいことはこちらに纏めてあります↓

戦国コレクション3
勝てる立ち回りまとめ

高設定確定パターンなど判明しているので必ず1度ご覧ください

↓応援お願いします^^
応援バナー

タグ:

コメントをどうぞ


◇ブログのアクセスアップにお悩みの方必見!! ブログのアクセスアップ方法◇